肌のターンオーバーを促す理由

美肌を目指すのであれば、古い角化細胞から新しい角化細胞へと生まれ変わる新陳代謝、すなわちターンオーバーを促進させることが効果が期待できます。というのも、ターンオーバーが出来ずに古い角化細胞がいつまでも残ってしまうと、角質肥厚という角質が厚い状態になってしまいます。

角質肥厚が肌に与える悪影響はと言うと、まず厚いということはそれだけ固くなり、肌のハリ、弾力が失われてしまいます。そして透明感もなくなり、くすんだ色合いになってしまいます。

それだけではありません。角質が厚くなることで、毛穴が角質によって塞がれてしまい、本来は排出されるべき皮脂や汚れが毛穴に溜まりやすくなります加えて毛穴の深さもましてしまい、そこに詰まった皮脂や汚れを餌に雑菌が繁殖してニキビが出来たり、詰まったものが酸化して黒くなり黒ずみの原因となってしまいます。

古い角化細胞が残るということは、垢として排出されるべきメラニン色素も、肌に残った状態になります。それが色素沈着となり、シミの原因となるのです。

ターンオーバーが乱れる原因としては、紫外線などのダメージが蓄積されること、老化、生理などによるホルモンバランスの乱れ、生活習慣の乱れが挙げられます。美肌を目指すならば、これらの原因を取り除きターンオーバーを促すことで肌を若く健康的なときの状態にすることが一番なのです。

シルキーカバーオイルブロックを愛用の芸能人は?